「ジャンプするだけ」でダイエットになる?トレーナーが解説

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、専門家にぶつける本企画。

 今回は、「飛ぶ動き」とダイエットの関係性について、会員制フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」のトレーナーに聞いてみました。

Q. 飛ぶ、跳ねるなどのジャンプ運動は有酸素運動になりますか?またダイエット効果は期待できるのでしょうか。

A. 有酸素運動になります。脂肪燃焼やダイエットだけではなく、健康的な身体作りにも効果的です。

 飛ぶ、跳ねるなどのジャンプ運動は、呼吸を整えながら、全身の筋肉を使うため、有酸素運動になります。

 有酸素運動とは、筋肉を動かすときのエネルギー源として、血糖と脂肪とともに酸素が使用される運動のことです。有酸素運動を行うことで、体脂肪の減少や血糖値の改善など、生活習慣病の予防・改善が期待できます。そのため、ジャンプ運動は脂肪燃焼ダイエットだけではなく、健康的な身体作りにも効果的と言えます。

 また、ジャンプ運動を行うことで、体幹の強化・バランス力の向上・心肺機能の向上・骨粗鬆症の予防など、たくさんの良い効果を期待できます。

 最近は自宅で使えるコンパクトなトランポリンや、ジムでもトランポリンを使ったレッスンが人気です。健康維持のためになわとびをしているという芸能人も多く、最近注目されています。楽しみながら継続できそうなジャンプ運動を見つけてみてください。

関連記事:暗闇トランポリンフィットネス「jump one」で、飛び跳ねて筋トレして約450kcal消費してきた

[プロフィール]
木澤 泰子(きざわ・たいこ)
本社・エクササイズ企画所属。新入社員として配属された武蔵小杉店にて2年勤務。その後、スタジオレッスン分野の管理統括を行う、現在の部署に配属。武蔵小杉店勤務時にUBOUND®の認定を取得。現在も週に2回レギュラーレッスンを実施。

記事協力
・東急スポーツオアシス
・公式サイト https://www.sportsoasis.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

Source: メロスブログ
「ジャンプするだけ」でダイエットになる?トレーナーが解説