「太陽礼拝」をアレンジ!血流をよくするヨガのポーズ

 夏の疲れがどっと出てくる秋。暑さや紫外線による肌へのダメージは蓄積しており、肌荒れや老けが出てきて悩む人も多いのでは。また、季節の変わり目における寒暖差で体内リズムも乱れがちです。

 本格的な冬を迎える前に、全身の血流をよくし、肌の新陳代謝をアップさせておきましょう。日本最大級のホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクター元石卿子さんが、ヨガの王道ポーズ「太陽礼拝」をアレンジしたアンチエイジングメニューを紹介します。

ヨガの「太陽礼拝」とは

 太陽礼拝は、全身をくまなく動かし血流をよくするウォームアップとして活用され、毎日の習慣にしている人も多くいます。呼吸に合わせてポーズを連続して行うため、3回ほど繰り返すと、全身の活性化だけでなく、リフレッシュやダイエット効果も期待できます。

 しかし、肩や首の筋肉がコリ固まっていると、その恩恵を十分に得ることはできません。太陽礼拝に入る前に、まずは上半身の筋肉を心地よくほぐす準備ポーズを行いましょう。

首と肩をほぐす準備ポーズ

 首を力ませず頭部を下げられるよう、首から肩にかけての筋肉をほぐします。この準備運動をすることで、顔まわりの血流をさらによくすることができます。

1.あぐらで座り、右腕を後ろに回して、右手の甲を左腰に当てる。

2.息を吸って、左腕を横から頭上に上げ、左の手のひらを後頭部のやや右側におく。

3.息を吐きながら、首を斜め左に倒す。目線はおへそへ向け、5呼吸キープ。左右反対側も同様に行う。

4.背筋を上に伸ばし、両ひじを曲げて指先を肩に当てる。

5.息を吸って、ひじを前から上に回す。息を吐いて、ゆっくりと後ろから下ろす。ひじで大きな円を描くように5回繰り返す。

1 2