【キツくない腕立て伏せ】筋トレ初心者は「ひじ」と「ヒザ」を床につける。

筋トレをやってこなかった人にとって、「腕立て伏せ」はハードルが高いメニュー。意気込んでやってみても、腕の曲げ方や意識する場所がわからず、効果が出ないどころかケガにつながることも。そんな筋トレ初心者におすすめなのが「膝・肘つきプッシュアップ」。負荷の低いこのメニューで、まずは筋力をつけていってください。

フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\タップして動画を再生/

ひじ・ヒザつきプッシュアップの正しいやり方

  1. うつ伏せになり片肘を床につき、反対側で体を支えます。
  2. 90度を目安に肘を曲げます。
  3. この動作を左右交互に行います。

実施回数

左右 各20回×3セット

動画の流れ&ポイント

・両方の手のひらで、しっかり床を押せると効果的
・上体を上げるときに体はひねらず、まっすぐ上げていく
・体を上げることを意識しすぎて、腰が反らないように注意

鍛えられる部位

・大胸筋
・上腕三頭筋
・三角筋

おすすめトレーニングアイテム

おすすめの動画&記事

【筋トレ初心者向け(上半身編)】この筋トレメニューをまずは続けよう!1日5分

体幹トレーニング「プランク」の効果とやり方。初心者はまず30秒から!

\もう一度動画でおさらい/

[監修・出演] 富田巧哉(とみた・たくや) MELOS公認トレーナー。東京都足立区出身、1995年9月2日生。東京学芸大学中等教育教員養成課程保健体育学科卒。現在は、EPARKスポーツ認定トレーナー・MELOS公認トレーナー・イベントプランナーとして活躍中。

<Text:MELOS編集部>

Source: メロスブログ
【キツくない腕立て伏せ】筋トレ初心者は「ひじ」と「ヒザ」を床につける。