【トレーナー監修】二の腕のダンベル筋トレ。太くたくましい腕を目指そう

 今回は、腕全体を鍛えるダンベルトレーニングをご紹介。「ダンベルプルオーバー」と「ダンベルショルダープレス」、「ダンベルカール」の3種目です。上腕二頭筋と上腕三頭筋をがっつり鍛えていきましょう。初心者の方も、ぜひやってみてください。ダンベルは、水の入ったペットボトルで代用できます。

 ReebokONEエリート フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①ダンベルプルオーバー

 上半身を効率的に鍛えることができる筋トレ「ダンベルプルオーバー」。背中と胸の筋肉へ、同時に負荷をかけるダンベルを使ったトレーニングです。

正しいやり方

1. 足は肩幅に開き、フラットベンチ等に肩を乗せて仰向けになる

2. ダンベルを持ち、頭の後ろに下ろしていく、バンサイをするように、ダンベルを遠くに下ろす

3. ゆっくりとスタートポジションに戻していく

実施回数

10回

ポイント

・肩まわりの可動域を広げていくイメージで行う
・二の腕への刺激を意識する
・反動を使わない

鍛えられる筋肉(場所)

・二の腕
・胸筋上部
・背中 etc…

②ダンベルショルダープレス

 肩の筋肉である三角筋などを鍛える筋トレ「ダンベルショルダープレス」。日々のトレーニングに取り入れることで、逆三角形のたくましいボディを手に入れましょう。

正しいやり方

1.約45度に設定したベンチに座り、ダンベルを両手に持つ。足は腰幅に広げる

2.ダンベルを肩の上で持つ。肘の角度は90度にし、手のひらは体の向きと同じ方向に向ける

3.手のひらを正面に向けたまま、肘を伸ばしてダンベルを持ち上げる

4.肘を曲げて元の姿勢に戻る。

実施回数

15回

ポイント

・力を入れるタイミングで息を吐く
・正しい姿勢をイメージして行なう

鍛えられる筋肉(場所)

・上腕二頭筋
・上腕三頭筋
・三角筋 etc…

次のページ:③ダンベルカール

1 2