【プランク連続5種で腹筋・体幹強化】体幹は腹直筋だけじゃない。全体を鍛えることで姿勢改善・脂肪燃焼におすすめ

今回は5種類のプランクを連続して行うメニューをご紹介。基本的なプランクをはじめ、横向きやお腹を天井に向けた逆向き、手を伸ばしたタイプなど、体幹と周辺の筋肉をまんべんなく鍛えていきます。そうすることで姿勢改善や脂肪燃焼効果も期待できます。

\タップして動画を再生/

(1)膝つきプランク

腹筋を鍛える体幹トレーニングとして定番の「プランク」。今回ご紹介するのは、初心者の方でも実践しやすい「膝つきプランク」です。膝をつく分、負荷が軽めで、無理せずトレーニングしたい方におすすめです。

膝つきプランクの正しいやり方

1. 両肘を肩の真下につく
2. 膝をついて足は少し開いた状態で安定させる
3. 膝をついた時に上半身を持ち上げる

実施回数

30秒

ポイント

・あごを引いておへそをのぞき込むと、お腹の筋肉を意識しやすい
・呼吸を止めず、吸って吐いてを繰り返す
・肩甲骨を外側に広げると、お腹に力が入って効果的
・疲れてきても肩が力まないように注意
・足や腰が下がってこないように

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹横筋 etc…

(2)プランク

腹筋などの体幹部の筋肉を手軽に鍛えられる筋トレ「プランク」。自宅で行なえる体幹トレーニングとして、初心者でも取り組みやすい人気&定番のメニューです。

プランクの正しいやり方

1. 両肘を床につけ、うつ伏せになる
2. 腰を浮かせる
3. 頭、背中全体、腰、かかとが一直線になるように意識

4. その姿勢のままキープ

実施回数

30秒

ポイント

・左右の肘とつま先の4点で体を支えるイメージで
・お尻の位置は上げ過ぎず下げ過ぎず
・頭からかかとまで一直線、一枚の板になるイメージで
・呼吸は止めず、鼻で吸って口で吐くことを意識して
・ツラい時は足を肩幅に開くと余裕が生まれます

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹横筋
・全身の筋肉 etc…

(3)ハイプランク

腕をまっすぐ伸ばしたバージョンのプランクである「ハイプランク」。体幹部はもちろん、腕や肩も重点的に鍛えることができます。1

ハイプランクの正しいやり方

  1. プッシュアップ(腕立て伏せ)の姿勢になる
  2. 頭から足先までが一直線になるようにキープ

 

実施回数

30秒

トレーニングのポイント

・腰が反ったり、丸まったりしないように
・常に体幹部を意識

鍛えられる部位

・体幹
・大胸筋
・三角筋 etc…

次のページ:後半戦は横向きから

1 2