【一緒に2分】腹筋トレーニング3種目。少しずつ理想の体へ

 今回は、腹筋を引き締めるトレーニングをご紹介。レッグリフトクランチとシットアップ、スタンディングニートゥーエルボーの3メニューです。一緒にお腹の筋肉を鍛えていきましょう。

 フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①「レッグリフトクランチ」

 腹筋を追い込む高負荷トレーニング「レッグリフトクランチ」。クランチの状態から足を上げることで、お腹周りに高い負荷をかけていきます。フォームを気をつけながら、勢いをつけずにやっていきましょう。

正しいやり方

1.仰向けに横になり、両足は上げて90度に

2.足を上げたまま、両手を頭の後ろに添える

3.息を吐きながら、背中を丸めるように上体をあげる

実施回数

10回

ポイント

・肩甲骨は引き上げるイメージで
・腹筋を縮める時に息を吐き、戻す時に吸う
・両足は上げたままキープ
・腕の力でなく腹筋の力で起き上がる

鍛えられる部位

・腹直筋

②「シットアップ」

 お腹全体の引き締め効果が期待できる「シットアップ」。インナーマッスルをはじめ、多くの筋肉を鍛えられるメニューとして人気のトレーニングです。

正しいやり方

1. 仰向けに横になり、膝を曲げて脚をセットする

2. 息を吐きながらおへそを覗き込むように腰が上がらないように上体を起こす

3. 上体を起こし終わったら、息を吸いながら肩甲骨が付かない程度ゆっくりと倒す

実施回数

10回

ポイント

・息を吐きながら、おへそをのぞき込むように上体を起こす
・反動を使わずに毎回丁寧に
・肘を内側に入れず胸を張る

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹筋上部 etc…

次:「スタンディングニートゥーエルボー」

1 2