【立ち腹筋】ヒジとひざをくっつける筋トレ「スタンディングニートゥーエルボー」

一般的に「腹筋トレーニング」は床に寝た姿勢で行うことが多いですが、今回紹介するメニューは立ったまま行うことができます。ヒジと反対側のひざを左右交互にリズムよく近づける「スタンディングニートゥーエルボー」です。体が硬い人も、なるべくヒジとひざがくっつくことを目指していきましょう。

MELOS公認トレーナーとして活躍する富田巧哉さんが、トレーニングの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\タップして動画を再生/

スタンディングニートゥーエルボーの正しいやり方

  1. まっすぐ立った状態で手を頭の後ろで組む。
  2. 右ヒジと左ひざ、左ヒジと右ひざとを交互にくっつける。

実施回数

30秒×3セット

動画の流れ&ポイント

・肘と膝はおへそより高い位置でくっつけるようにする。
・顎を引いておへそを覗き込むようにやると効果が上がる。
・疲れた時こそフォームを崩さなように意識する。

鍛えられる部位

・腹直筋

おすすめトレーニングアイテム

おすすめの動画&記事

【立ち腹筋】初心者におすすめ!ぽっこりお腹を解消する腹筋トレーニング

【美しく映える腹筋へ】立ったまま腹筋を割る3メニュー。運動してこなかった人にもオススメ

\もう一度動画でおさらい/

[監修・出演] 富田巧哉(とみた・たくや) MELOS公認トレーナー。東京都足立区出身、1995年9月2日生。東京学芸大学中等教育教員養成課程保健体育学科卒。現在は、EPARKスポーツ認定トレーナー・MELOS公認トレーナー・イベントプランナーとして活躍中。

<Text:MELOS編集部>

Source: メロスブログ
【立ち腹筋】ヒジとひざをくっつける筋トレ「スタンディングニートゥーエルボー」