【筋トレ】3種の腕立て伏せ、上半身全体を鍛えるプッシュアップメニュー

一般的には、おもに「大胸筋」を鍛えるメニューとして知られている腕立て伏せ。しかし、手幅を変えたり、下半身を同時に動かすことで異なる部位を鍛えることができます。今回紹介するのは「ノーマルプッシュアップ」「ナロープッシュアップ」「スパイダープッシュアップ」の3種です。

\タップして動画を再生/

腕や胸筋、肩、二の腕、体幹などの上半身全体が鍛えられる筋トレとして人気の「ノーマルプッシュアップ(腕立て伏せ)」。胸や腕、肩など「見せる筋肉」を鍛えられるので、目立つ部分を引き締めたい方にはとてもオススメです。

ノーマルプッシュアップの正しいやり方

1. 腕を肩幅より少し外に開く
2. 足を伸ばして、つま先と腕(手のひら)で体を支える
3. 頭から足先までが一直線になるように姿勢を整える
4. 肘を曲げながらゆっくりと体を倒し、床につかないギリギリまで下げてから地面を押し上げて元の姿勢に戻す

実施回数

10回

ポイント

・胸は地面ギリギリまで下げられるとGood!
・お尻は上げ過ぎず下げ過ぎず、頭から足までが一直線になるようにイメージ

鍛えられる筋肉(場所)

・上腕三頭筋(二の腕)
・大胸筋 etc…

(2)ナロープッシュアップ

プッシュアップ(腕立て伏せ)の手幅を狭めた「ナロープッシュアップ」をご紹介。胸筋をはじめ、二の腕の裏部分にあたる上腕三頭筋を鍛えていきます。フォームが崩れやすいトレーニングですので、姿勢をしっかり意識しましょう。

ナロープッシュアップの正しいやり方

1.腕立て伏せの姿勢になり、手に平の間隔を狭め、手で三角形を作る

2.脇を締め、胸が床につく位置まで体を下ろす

3.限界までいったら、体を持ち上げる

実施回数

5回

ポイント

・腹筋に力を入れて、お腹やお尻が下がらないように
・キツくなったら無理をせず、できる範囲で

鍛えられる筋肉(場所)

・上腕三頭筋

次のページ:最後はクモのように!

1 2