【腹筋鍛錬】割れたお腹、目指してみませんか?まずはこの3種目(道具不要)

 今回は、腹筋に効くトレーニングをご紹介。レッグレイズとトゥタッチクランチ、デッドバグの3メニューです。一緒にお尻痩せを目指しましょう。

 フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\タップして動画を再生/

①レッグレイズ

 お腹周りの筋肉を鍛える「レッグレイズ」。リングフィットアドベンチャーのメニューにもなっていることでよく知られており、寝転がった状態を固定して足を上げ下げするトレーニングです。

正しいやり方

1. 仰向けの状態で脚を伸ばす
2. 両手はリラックスした状態で地面に置く
3. 両脚を浮かせたら踵をくっつける

4. かかとを離さずに地面と太腿が90度イメージまで上げていく

5. 地面ギリギリまで脚をゆっくりと下ろして止める
6. 上げる時は吸って、下げる時は吐き出す

実施回数

10回

ポイント

・上半身に力が入り過ぎないように
・膝が曲がってしまうと力が抜けてしまうので注意
・疲れてきても足は地面につかない
・膝が曲がっても最後までやり切る

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腸腰筋 etc…

②トゥタッチクランチ

 腹筋を鍛える筋トレ「クランチ」の応用トレーニング「トゥタッチクランチ」。つま先をタッチするようにクランチを行うことで、腹直筋や腹斜筋が鍛えられます。

正しいやり方

1. 仰向けになり、片膝は立てて片足は伸ばす

2. 上半身を起こしながら、左手で右足のつま先を触る

3. 左右交互に繰り返す

実施回数

左右 各10回

ポイント

・できるだけ高い位置でタッチする
・目線は常に上へ
・体をひねるときに筋肉の収縮をイメージする
・手と足はまっすぐ伸ばしたままにする

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腹斜筋 etc…

次:③デッドバグ

1 2