【腹筋2分】下腹に効かせる筋トレで、ぽっこりお腹対策。寝たままでOK

 今回は2分間の腹筋トレーニングをご紹介。「レッグレイズ」と「フラッターキック」、「ニートゥーチェスト」の3種目です。最後までやりきって、腹直筋を鍛えていきましょう。初心者の方も、ぜひやってみてください。

 ReebokONEエリート フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①レッグレイズ

お腹周りの筋肉を鍛える「レッグレイズ」。リングフィットアドベンチャーのメニューにもなっていることでよく知られており、寝転がった状態を固定して足を上げ下げするトレーニングです。

 「レッグレイズ」は、道具や器具を使わないため、自宅で手軽に行なえる人気の定番メニュー。腹筋群の中でも腹直筋の下部を鍛えるのにとても効果的なエクササイズです。足を動かすことで腹筋を鍛えますが、あくまでも足は重りであり、足を支えるために腹筋を使っているというイメージで取り組みましょう。

正しいやり方

1. 仰向けの状態で脚を伸ばす
2. 両手はリラックスした状態で地面に置く
3. 両脚を浮かせたら踵をくっつける

4. かかとを離さずに地面と太腿が90度イメージまで上げていく

5. 地面ギリギリまで脚をゆっくりと下ろして止める
6. 上げる時は吸って、下げる時は吐き出す

実施回数

10回

ポイント

・上半身に力が入り過ぎないように
・膝が曲がってしまうと力が抜けてしまうので注意
・疲れてきても足は地面につかない
・膝が曲がっても最後までやり切る

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋
・腸腰筋 etc…

②フラッターキック

 腹直筋下部をメインに鍛える「フラッターキック」。寝た状態でのバタ足は、シンプルな動作ながらも、お腹にしっかり負荷をかけることができます。

正しいやり方

1. 仰向けになる

2. 両手は地面に手のひらをつけて、上体と足を浮かす

3. 足を素早く上下に動かす

実施回数

30秒

ポイント

・足は地面から浮かせ、膝が曲がらないように
・呼吸は止めず、吸って吐いてを繰り返す
・目線は足ではなく天井に向ける
・最後まで一定のペースで

鍛えられる筋肉(場所)

・腹直筋下部
・腸腰筋
・大腿四頭筋 etc…

次のページ:③ニートゥーチェスト

1 2