ケロッグオールブラン、ダイエット中の“甘いもの欲”にオススメすぎる|編集部の食レポ

 ダイエット中に襲ってくる“甘いもの食べたい欲”。バナナやサツマイモなどでいなしても、もう少しお菓子っぽいものが食べたくなるときもあると思います。

 そんなとき、ケロッグオールブランがバツグンに心を満たしてくれました。便秘解消だけじゃなかったんだ!

オールブラン、腸活のためだけに食べていた過去

 昔からオールブランは便秘対策としてたまに活用していました。あのポソポソとした食感、ほんのり甘いお味はクセになります。個人差はありますが、食べた日からお腹の調子は快調。ですが、便秘になることもあまりない体質のため、オールブランから徐々に距離が開いていきました。

 しかしあるときオールブランダイエットの動画を紹介され、たしかに甘いものを食べたいとき、あれをポリポリつまむのはいいかもしれないと思い出し、さっそく購入。どのスーパーでも購入できるのがうれしいですね!

 スタンダードな「オールブラン ブランリッチ」ではなく、今回は「オールブラン ブランリッチ ほっとひといきショコラ」をチョイスしました。

めちゃくちゃおいしい

 チョコレートをコーティングしたファイバースティック。もちろん食物繊維も豊富です。手でわし掴みにしてもチョコレートはつきません。さらさらで、そのまま食べてもしっかりと加糖ココアのような味を感じます。

 牛乳をかけて食べると、ファイバースティックが少ししっとりするので食べ応えも増し、最後にチョコレートが溶けだしたミルクを飲めば、甘いものを食べた後のように満たされます。これは……おいしすぎて大量に食べてしまう。

1日の適量は40gです

 パッケージの裏には「1日あたりの摂取目安量:40g」と書かれています。どれくらいの量かというと、かなり少なめ。小さいマグカップ半分くらいでしょうか。

 昔、オールブランを食べると便秘は解消されるものの、必ずお腹が張っていたのですが(オールブランを定期的に食べない理由のひとつでした)、量が多かったのですね。現に今回も、思う存分食べた1日目は昔と同じようにお腹が張り、量を40gにした2日目はまったく張りませんでした。適量は大事ですね。たぶんおいしくて倍は食べていたと思います。

 そしてお通じもとてもよく、1日目はなんと数回出たほどです。公式サイトによると、発酵性食物繊維 (小麦ブラン由来アラビノキシラン)が、善玉菌を増やし、腸内環境を改善してくれるのだそう。

「オールブラン ブランリッチ ほっとひといきショコラ200g」の原材料と栄養成分

原材料

小麦ブラン、砂糖、ココア、麦芽エキス、チョコレート(乳成分を含む)、食塩 /ナイアシン、乳化剤(大豆由来)、鉄、ビタミンB2、ビタミンB1

栄養成分(1食分40g)

エネルギー 146kcal
たんぱく質 4.5g
脂質 1.5g
炭水化物 32.6g(糖質24.6g、食物繊維総量8.0g)
食塩相当量 0.3m
鉄 3.4mg
ビタミンB1 0.48mg
ビタミンB2 0.69mg
ナイアシン 4.1mg
発酵性食物繊維*(*小麦ブラン由来アラビノキシラン)  2.1g

購入価格

299円(購入場所によって多少の変動があるようです)

食物繊維量は「オールブラン ブランリッチ」のほうが多い

 発酵性食物繊維は、「オールブラン ブランリッチ」のほうが倍以上含まれており(40gで4.4g)、食物繊維総量も11.0gと高いので、食物繊維をより意識したい人は「オールブラン ブランリッチ」がよいかもしれません。

 また、原材料にココアとチョコレートも入っていないため、糖質も1食19.9gと少し低いです。

ケロッグオートミールとどっちがいい?

 ケロッグオートミールにも発酵性食物繊維が含まれています。1食分30gあたり食物繊維3.0g、糖質は17.5g。カロリーや脂質、タンパク質はオールブラン勢とほぼ同じです。

 米化やスープでおじやにしたいときはオートミール、おやつにはオールブランといったイメージですね。

どこに売ってる?

 ケロッグオールブランはどこのスーパーでも見かけることができ、今回は都内マルエツで購入しました。Amazonのケロッグ公式ストアでも購入可能です。

<Text&Photo:編集部>

Source: メロスブログ
ケロッグオールブラン、ダイエット中の“甘いもの欲”にオススメすぎる|編集部の食レポ