スクワットをすると股関節が痛い。原因は?メガロストレーナーが回答

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、トレーナーにぶつける本企画。

 筋トレの王様「スクワット」。下半身の大きな筋肉を鍛えるトレーニングメニューとして、筋トレ初心者からも人気です。

 しかし、間違ったフォームや動きで行い、膝の痛みや腰痛を引き起こしてしまう人も少なくありません。今回は「股関節の痛み」に繋がりやすいNGフォーム・やり方を、スポーツクラブメガロスのトレーナーに聞いてみました。

Q. スクワットをした後は股関節が痛くなるのですが、考えられる原因はありますか?筋肉痛ではないようです。

A.まずは痛みが筋肉によるものか、骨や関節に起因するものかチェックしましょう。

 スクワットをした時に起こる股関節痛にはいくつかの原因が考えられます。原因が単なる筋肉の痛みである場合は、ストレッチなどによって解消できます。ストレッチでも解決しない痛みに関しては、骨や関節に起因するものがあります。

 自分で股関節の可動域不足を確認する方法は以下の通りです。

1.仰向けに寝て膝を立てる
2.足の裏を合わせて膝を開く。

 もし90度以上開かない、または開こうとすると痛みがある場合、専門医(整形外科・股関節科)の診察をおすすめします。決して無理をなさらないようにご注意ください。

 問題なく90度以上開く場合は、無理のない負荷でのスクワットを、痛みのない範囲で実施しましょう。

こちらもおすすめ:筋トレの王道「スクワット」徹底解説。どんな効果がある?正しいやり方、回数は?おすすめトレーニンググッズも紹介

[プロフィール]
阿部佳之(あべ・よしゆき)
メガロス恵比寿店所属のパーソナル・トレーナー。関節痛予防・機能改善を得意とする。

記事協力
・スポーツクラブメガロス
・公式サイト https://www.megalos.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

Source: メロスブログ
スクワットをすると股関節が痛い。原因は?メガロストレーナーが回答