ソイプロテインとは。どんな人におすすめ?男性も飲んでいい?特徴と効果的な飲み方を解説│管理栄養士の食トレ学

 トレーニングやダイエットに欠かせない「食事」。多くのトレーニーが抱えている栄養・食生活のギモンについて、ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・調理師に質問する本企画。

 今回は“たんぱく質”をテーマに、ソイプロテインとはどんなプロテインで、どんな人におすすめなのか。男性も飲んでもいいのかなど、ソイプロテインの特徴と飲み方を尋ねてみました。

「ソイプロテイン」とはどんなものなのでしょうか。どんな人におすすめで、どんなタイミングで飲むと効果的でしょうか。また、ソイプロテインは女性向けのイメージがありますが、男性が飲んだ場合の懸念点はありますか?

ソイプロテインは大豆由来の植物性プロテイン。消化吸収は穏やかで脂質も低いため、間食や寝る前などにぴったりです。男女問わず、食事コントロール中の人や乳製品でお腹を壊す人、血中脂質が気になる人におすすめです。

 ソイプロテインは大豆由来の植物性プロテイン。食物繊維が含まれているため、胃の中で固まり、ゆっくりと消化吸収されます。脂質が少ないのも特徴で、間食や寝る前、食事コントロール時におすすめです。乳糖を含まないため、乳製品でお腹が緩くなってしまう方や動物性の食品を避けたい方のたんぱく質補給にも最適です。

 植物性のタンパク質でありながら利用効率が比較的高いソイプロテインですが、筋肉の増量などはホエイには及びませんので、筋肥大を狙ってトレーニングに励む男性はホエイを使うとよいでしょう。すばやくたんぱく質を補給したいときに植物性プロテインを活用する場合は、ソイプロテインを消化しやすい形へと分解した“ソイペプチド”がおすすめです。

 国立がん研究センターの多目的コホート研究(JPHC研究)によると、大豆製品をよく食べる人では女性の乳がん(※1)、男性の限局性前立腺がんの発症リスクが減少する(※2)という報告がありました。これは大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つことが関係していると考えられています。イソフラボンはコレステロール値を下げることもわかっているので、血中脂質が気になる方にもおすすめです。

関連記事:「ソイプロテイン」、デメリットはある?おすすめしない飲み方は?マッスルデリ管理栄養士が解説

参考文献
(※1) 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究 大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/258.html

(※2) 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究 大豆製品・イソフラボン摂取量と前立腺がんとの関連について
https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/298.html

[プロフィール]
瀧川みなみ(たきかわ・みなみ)
株式会社Muscle Deli管理栄養士、調理師。青山学院大学文学部卒業後、専門学校で調理師、食生活アドバイザー、栄養教諭を取得。専門学校卒業後は大手外食企業で働きながら管理栄養士を取得。接客、店舗管理、副料理長を務めたのち本社の商品企画・開発部門でデザートメニューの商品開発をおこなう。その後、クラウドレストランを運営するベンチャー企業に転職し、8ブランドの立ち上げを実現。より多くの人に向けて体・健康づくりの手伝いがしたいと思い、Muscle Deliに入社。商品開発、栄養指導、レシピやコラム作成等を担当。プライベートでは料理教室や食事に関するセミナーなどのイベントを主催。

\マッスルデリのお知らせ/

マッスルデリは管理栄養士監修のお食事を冷凍宅配でお届けしています。レンジで温めるだけで高タンパク低カロリーな、栄養バランスの整った食事を取れるのでダイエットやボディメイクに最適です。50種類の豊富なメニューで飽きずに継続いただけます。

詳細をチェックする

記事協力
・株式会社Muscle Deli
・公式サイト https://muscledeli.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

Source: メロスブログ
ソイプロテインとは。どんな人におすすめ?男性も飲んでいい?特徴と効果的な飲み方を解説│管理栄養士の食トレ学