下っ腹のトレーニング!ぽっこりお腹に効く「プランクリーチバック」を解説

 今回は「プランクリーチバック」の正しいやり方をご紹介。下腹に特に効くトレーニングです。一緒にがんばっていきましょう。

 フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、トライアスロンや自転車競技などで活躍しているMIHOさんが、トレーニングの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\タップして動画を再生/

プランクリーチバックの正しいやり方

  1. 足を伸ばして、つま先と腕(手のひら)で体を支える
  2. お尻を上げながら、右手で左膝、左手で右膝をタッチしていく
  3. 左右交互にスタートポジションに戻しながら繰り返す

 

実施回数

30秒×3セット

 

トレーニングのポイント

・毎回肩の真下に手をついて、バランスを崩さないように     

鍛えられる部位

・体幹(腹筋群)
・股関節屈筋群 etc…

腹筋とは

 腹筋とは、腹部にある筋肉の総称であり、特定の筋肉名ではありません。

 腹筋群のそれぞれの名称として、腹部の中央にありシックスパックと呼ばれる部分の筋肉である「腹直筋(ふくちょくきん)」、腹直筋の両脇にありウエスト部分を構成している「外腹斜筋(がいふくしゃきん)」とその深部にある「内腹斜筋(ないふくしゃきん)」、そしてお腹をコルセットのようにぐるりと囲っている「腹横筋(ふくおうきん)」が挙げられます。

✓ 「腹直筋(ふくちょくきん)」…腹部の真ん中にある筋肉。シックスパックを構成する
✓ 「外腹斜筋(がいふくしゃきん)」…腹直筋の両脇にある筋肉
✓ 「内腹斜筋(ないふくしゃきん)」…「外腹斜筋」の奥にある筋肉
✓ 「腹横筋(ふくおうきん)」…お腹をコルセットのようにぐるりと囲んでいる筋肉

おすすめの動画&記事

体幹強化&ポッコリお腹を引き締める!「ヒップリフトブリッジ」の正しいやり方【30秒×3セット】

ニートゥチェストの正しいやり方。下腹部を効果的に鍛える腹筋運動【リングフィット攻略】

「腹筋トレーニング」と「プランク」、どちらがお腹を割るのに効果的?

筋トレは毎日やるべき?週に何回が効果的?トレーニングの頻度と回数

\もう一度動画でおさらい/

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
フィットネスランニングトレーナー。1991年生まれ、千葉県出身。出張パーソナルトレーナー、SUUNTO 5 アンバサダー、VX4アドバイザリー、(株)BOOSTマネジメント契約、HOKA ONE ONE サポート。

[出演者プロフィール]
MIHO/トライアスロン、トレイルランニング、マラソン、スパルタンレース、筋トレなどが大好きなガチの“市民アスリート”。日本初のe-sports BIKEのプロチーム「ONELAP ANGEL」のメンバーとしても活動。フルマラソン自己ベストは3時間13分20秒(ネットタイム/2019年さいたま国際マラソン)。1児の母。
【公式Instagramアカウント】https://www.instagram.com/mip0000/

<Text:MELOS編集部>

Source: メロスブログ
下っ腹のトレーニング!ぽっこりお腹に効く「プランクリーチバック」を解説