坂本勇人“中絶要求”にいまだ制裁なし…スポーツ紙までスルー ネットでは「制裁無しはいけんっすよ」


1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2022/09/12(月) 22:38:48.59 ID:gDBo87XLM

“中絶強要報道”が9月10日に報じられた、読売ジャイアンツの坂本勇人選手(33)。

「文春オンライン」によると坂本選手は20代の女性と月に1、2回ほど自宅マンションで肉体関係を持ち、そのたびに避妊しない性行為を要求。女性に代金を渡してアフターピルを飲むよう勧めたいっぽうで、代金を値切ることも。そして女性が妊娠し、出産の意思を伝えると逆ギレ。「本当は今すぐおろせよって言いたい」などと中絶を求め、その結果、女性はうつ病を患って自殺未遂を起こしたという。

坂本選手は‘15年から第19代キャプテンとして巨人軍を引っ張っている。また’19年にセ・リーグMVPを受賞。さらに今年9月8日には、ヤクルト内川聖一選手(40)を上回る現役最多の2186安打目を放つなど、名実ともに日本球界を代表するスター選手だ。

「’21年の東京五輪では、代表の稲葉篤紀監督(50)から絶大な信頼を寄せられていました。成績はもちろんのこと、巨人軍のキャプテンという実績も重ねていたためです。

実際、坂本選手は1次リーグの初戦でサヨナラ打を放つなどチームに貢献。そして、侍ジャパンは見事金メダルを獲得しました。兵庫・伊丹の少年野球チームでも一緒だった田中将大選手(33)と肩を並べて、金メダルを首から下げた笑顔のツーショットはスポーツ誌を中心に数々のメディアで報じられました」(芸能関係者)

しかし、今回の“中絶要求報道”はというとーー。

「坂本選手の行為に対して、批判が殺到し、ネット上では大炎上していますが、スポーツ紙は今回の報道に“だんまり”。それどころか、巨人の試合について触れた記事で坂本選手を取り上げるなかでさえも、中絶トラブルについて触れていません。テレビでもほとんど報じられていないですね。

先日、俳優・香川照之さん(56)の性加害報道が出た際は、スポーツ誌もこぞって報じていました。それだけに、取材などで接する機会も多い坂本選手の件に沈黙していることには『ズブズブ』『忖度』と批判する声も聞こえてきます」(前出・芸能関係者)

また「文春オンライン」によると、坂本選手の“中絶強要”に対して巨人軍は「示談しました」などと説明。しかし、今後の対応については回答しなかったという。そして坂本選手も自身の口から記事について説明することはなく、10日の中日戦や11日の広島戦に出場していた。

スポーツ誌はスルーし、巨人軍からもお咎めなし。そのため、ネットでは“身内に甘い”と非難の声がこう上がっている。

《香川照之への社会的制裁と同様の事が現時点で坂本勇人に行なわれない不思議 巨人軍の甘々体質に恐れ入る(褒めてない》
《てか…香川さんはかなり社会的制裁受けてるのに、坂本勇人は試合に出続けるんだ…》
《坂本勇人に制裁無しはいけんっすよ》

https://news.yahoo.co.jp/articles/7e9ec44f23a92eee9d65c7913679539be21dab35


続きを読む
Source: 筋肉速報
坂本勇人“中絶要求”にいまだ制裁なし…スポーツ紙までスルー ネットでは「制裁無しはいけんっすよ」