“歩き”に特化したトレーニングサービス登場。シニア世代にもよさそう

 自宅でできるエクササイズが注目を集める昨今。こんな最先端の取り組みはいかがでしょうか。

 株式会社QUANTUMは、100年歩ける身体をつくることを目指した歩行専用トレーニングサービス「walkey(ウォーキー)」をスタートしました。

walkey(ウォーキー)とは

 walkey(ウォーキー)は、専用のデバイスとアプリを活用した自宅エクササイズと、自由が丘にあるトレーニングラボで成果チェック・指導を行うサービスです。

 専用機器とアプリを使って自宅で毎日(1日約30分)エクササイズを続け、2週間に1回(1回60分程度)を目安に、トレーニングラボでエクササイズの成果をチェックする「反転ジム方式」を採用することで、トレーニング効率を高めるとともに、成果向上を目指します

 専門家とともに独自開発した歩行力診断およびメソッドを基に、一人ひとりの状態に合ったエクササイズプログラムを提供し、専門トレーナーが伴走します。

独自開発のエクササイズ専用デバイスを使用

 使用されるエクササイズ専用デバイスは、walkeyのために独自で開発されたもの。 握りやすいハンドル、ワンタッチで着脱可能なジョイント、押しやすいボタンなど、ユーザーが迷わずに使うことのできる設計になっています。

 インテリアになじむ外観も魅力で、部屋に出しっぱなしでも邪魔にならないため、運動の継続を支えてくれそう。

専用アプリでエクササイズをサポート

 専用アプリは、自宅でのエクササイズをサポートするトレーニング動画と、エクササイズのログなどを集約する機能を備えています。

 自由が丘(東京都目黒区)にあるトレーニングラボへ定期的に通うことで、歩行力の診断と改善状況を確認できます。また、独自のトレーニングを積んだトレーナーが、一人ひとりの状態を把握しながら、最適なプログラムを提供してくれます。

<Text:辻村>

Source: メロスブログ
“歩き”に特化したトレーニングサービス登場。シニア世代にもよさそう