習い事はピアノ、英会話、書道。たまたま出会ったクライミングにハマってしまいました。スポーツクライミング・野口啓代(前編)|子どもの頃こんな習い事してました #31

 スポーツ界の第一線で活躍しているアスリートに、幼少期の習い事について訊く連載。自身の経験を振り返っていただき、当時の習い事がどのようにその後のプレーに活かされたか、今の自分にどう影響しているかを伺います。

 第31回は、「日本クライミング界の女王」と呼ばれ、2021年に開催された東京オリンピックの新競技、スポーツクライミングで女子複合銅メダルを獲得、同年現役を引退した野口啓代さん。クライミングを始めるまでスポーツにあまり縁がなかったという子どもの頃について聞きました。

クライミングは“安全な木登り”という感覚でした

――子どもの頃、どんな習い事をしていましたか。

最初に習い始めたのはピアノです。小学校に入る前くらいに始めました。母が結婚前に保育士をしていたので、私と妹にピアノを習わせたいという思いがあったようです。4~5人くらいのグループレッスンで、エレクトーンから始めて小学校高学年からピアノに移りました。

――ピアノ以外にはいかがでしたか。自分で習いたいと思った習い事はありますか。

小学校3~4年くらいからは、友だちの影響で自分から「習いたい」と言って英会話と書道を習い始めました。英会話は中学校に入ってからも習い続けていました。書道はいつやめたかちょっと覚えてないですが⋯⋯。

クライミングを始めたのが小学5年生で、それから少し経ってピアノはやめてしまいました。ユースの世界大会に出るようになって海外遠征が増えた中学2年生ごろにはクライミング1本になっていました。

――スポーツ系は習っていなかった?

やってなかったですね。私が通っていた小学校では、男の子はサッカーか野球、女の子はバスケのスポーツ少年団に入る子が多かったんですが、私はすでにピアノや英会話、書道を習っていたので入りませんでした。

――クライミングは、家族でグアムを旅行したときにたまたま立ち寄ったゲームセンターで遊んでみたことがきっかけで始めたそうですね。

はい。実家は牧場を経営していて庭にたくさん木があったし、高いところが好きなので、子どもの頃から木登りしたり屋根に登ったり、そういう遊びが当たり前だったんです。初めてクライミングをしたときも、“安全な木登り”という感覚でした。木登りだと落ちたら地面で痛いけど、クライミングだとマットがあるので。

――もともと体育は得意だったのでしょうか。

特に運動神経がいいということはないです。たまたまクライミングがハマったという感じです。

1 2 3 4