<秋山成勲>スキンクリームで無期限停止となったあの世紀の事件を初告白!「自分が100%悪かった」

maxresdefault (27)


1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2021/09/02(木) 00:49:10.49 ID:CAP_USER9

元プロ野球選手の清原和博氏(53)のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に新たな動画が3日投稿され、格闘家・秋山成勲(46)が出演。無期限停止処分を受ける結果となった、2006年のスキンクリーム使用について初めて語った。

 秋山は2006年12月31日の「Dynamite!!」の桜庭和志戦後に、スキンクリームの使用が発覚して失格となり、07年1月に「無期限出場停止」が決まった。会見に同席した桜庭も秋山のプロとしての姿勢に疑問を投げかけ、再戦も拒否していた。その件について「桜庭選手に対して、自分が100%悪かったです。何も言い訳できません」と打ち明けた。

 その試合でセコンドについていた清原氏だけでなく、トレーナー、スタッフ、家族に対しても一切打ち明けてこなかったという秋山に対し、清原氏が「格闘技ファンのみなさまは、故意じゃない、そういうつもりじゃなかったといっても、100%のうち1%でもね、ひょっとしたらあったんじゃないかと。(クリームで滑って)相手をつかめないことはどれだけのことか想像できると思うので、潔く誤った方がいい」と自論も交え話すと、秋山は「もしかしたら(有利に働くのでは)というのは、自分の頭の片隅に、やっぱりあったのは事実です」と告白。「ずっと清原さん、仲間、桜庭さん、桜庭さんのファンに対しても、ずっと申し訳ない気持ちで生きていました」と語った。

 これには清原氏は「自分が桜庭選手のところまで行って、謝る機会を下さいって、自分もセコンドの立場として。断られても、あきらめずに、何年かかっても…。自分もできることがあれば、桜庭さんに何とか」と秋山とともに時間をかけてでも謝罪していく意向を示した。

 ▼秋山問題経緯 桜庭は、秋山戦の3分37秒すぎにタックルに入った際に違和感を感じて「タイム」を要求したが、審判団に無視されて試合を続行した。やや戦意を喪失した桜庭は、4分13秒すぎに3回目のタックルに入ったが、外されて上に乗られ、105連発のパンチを食らって5分37秒TKO負け。試合後に秋山の足が「滑る」とアピールしたが受け入れられなかった。桜庭は翌1月1日に正式に抗議文を提出。これを受けて審判団がバックステージのビデオも取り寄せて検証し、秋山が汗を抑えるクリームを全身に塗っていたことが判明。1月10日の事情聴取で秋山も事実を認めたため、翌11日に秋山と谷川EPが会見して「失格」と「ファイトマネー没収」が発表された。

スポニチ 9/1(水) 23:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/3efe132f31cd554c508d3082e9e855d8cb2849a3

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210901-00000328-spnannex-000-5-view.jpg?w=637&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


続きを読む

Source: 筋肉速報
<秋山成勲>スキンクリームで無期限停止となったあの世紀の事件を初告白!「自分が100%悪かった」