「インフレヘッジ」だとすれば、なぜビットコインは下落しているのか?【オピニオン】

米労働省統計局は10日、11月の消費者物価指数(CPI)を発表、前年同月比の上昇率は6.8%となった。これは1982年以降で最も高い数字、つまりほぼ40年ぶりの高いインフレ率で、間違いなく良いとは言えない。この数字は、例えばバイデン大統領が提唱する「Build Back Better」(より良い再建)政策を無に帰するなど、さまざまな意味を秘めている。

1a8343fa8669077f3d1b8bcac6f9dc7a_s
Source: 仮想通貨ニュース
「インフレヘッジ」だとすれば、なぜビットコインは下落しているのか?【オピニオン】