【悲報】小室圭「投資家になンだわ。眞子の金を軍資金にすンだわ(グワシャ」

CC7E3242-E0D9-4C9D-B2CC-2789CF00F504
1: コイン速報がお伝えします 2022/05/28(土) 10:37:50.93 ID:z+UDRTLZ0● BE:144189134-2BP(2000)
●小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?

2017年の婚約内定会見で「将来のことにつきましては、宮さまとご相談しながら考えてまいりたいと思います」とはにかんだ小室圭さん。彼は現在に至るまで、銀行員、パラリーガル、法務助手と職を転々としてきた。眞子さんという後ろ盾を味方につけた小室さんが、次に自らの“天職”として定めたものとは──。

 小室圭さんに、どうしても一時帰国しなければならない事情ができたようだ──。

 米ニューヨークの日本人コミュニティーではいま、そんな話題が持ち上がっている。小室さんが2度目の司法試験に落ちてから1か月。最大の懸案はビザの問題だ。

 現在、小室さんは学生ビザの延長措置の『OPTプログラム』を利用して、眞子さんはその配偶者ビザで滞在しているとみられている。
しかし、小室さんのビザは早ければ5月中にも失効する。冒頭の“事情”とは、ビザ切れの強制帰国を避けるためのもの。

「小室さんは、通称『投資家ビザ』と呼ばれるビザを取得しようとしているそうです。申請はオンラインでできますが、取得には面接というハードルがある。そのために一時帰国しなければならないのです」(外務省関係者)

以前は、母・佳代さんの「400万円トラブル」の解決に窮した小室さんだが、結婚後ならば、眞子さんの資産が“軍資金”になる。

 かつて内親王だった眞子さんには、御手元金として皇族費が支出されていた。その額は、成人前は年間305万円、成人後は年間915万円。しかも非課税だ。
非常勤ながら、博物館「インターメディアテク」(東京・千代田区)にも約5年間勤務した。

「眞子さんは、皇族だった30年間で、単純計算で少なくとも1億円以上の金銭を得たでしょう。さらに、親族から結婚生活への支援があっても不思議ではありません。
例えば、初孫の眞子さんを心配された上皇ご夫妻が、お祝い金としてある程度まとまった金額を渡されたとも報じられました。
内廷費からは御手元金として年間最大1800万円を、国会の議決を経ずに支出することができます。

 小室さんは、眞子さんの資産を握りしめて投資家になる算段なのでしょう」(宮内庁関係者)

https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_1757956/


続きを読む
Source: コインニュース
【悲報】小室圭「投資家になンだわ。眞子の金を軍資金にすンだわ(グワシャ」