【朗報】日産「GT-R ニスモ」NFT化(実車付き)がオークション販売で2億6000万円にwwwwwwww

481F1943-08A8-4C66-AB37-3014F0308236
1: コイン速報がお伝えします 2021/11/24(水) 08:29:27.13 ID:cmOgey+20● BE:439992976-PLT(16000)
およそ2億6000万円の「GT-R NFT」とは? 実車がオマケという次世代NFTアート市場に注目です

■コピーできるデジタル作品でもNFTで希少性を保てる

2021年3月、老舗オークションハウス「クリスティーズ」で
デジタルアート作家であるBeeple(ビープル)のNFT作品『5000 Days』が6934万ドル(約79億円)で落札された。

これは存命するアーティストのなかで最高落札額が歴代第3位という記録となった。
BeepleはInstagram上で200万人のフォロワーを持つ人気のデジタルアーティスト。

とはいえ、この高額な落札価格はNFT作品の盛り上がりを世間にいっきに知らしめる事例となった。

そもそもNFTとは“Non-Fungible Token(非代替性トークン)”の略で、
暗号通貨を支える技術の根本であるブロックチェーン技術を活用したもの。
ブロックチェーンとは「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされている。
通信上で実施された取引の記録を「ブロック」に記録し各ユーザーが共有する形で管理する。

つまり各ユーザーがすべての取引履歴を共有しているため、
ひとりがデータを編集したとしても簡単に不正を見つけることができるため、改ざんがほぼ不可能、というわけだ。

そして、NFTとはブロックチェーン上に所有者情報、作者情報、シリアル番号などを記録することで固有の価値を持たせた非代替性のデジタルトークンのことであり、
新たな売買市場やビジネスを創出する技術として注目されている。

コピーが容易なデジタル作品を唯一無二の本物と証明できるようになり、転売などの取引履歴もたどることができるといわれている。
最近ではバスケットボールやサッカーなどの試合映像をNFT化したり、ゲーム内のアバターをNFT化したり、トレーディングカードをNFT化したりと、
様々なことがNFT化され、取引が活発化してきている。

そんなNFT市場の拡大を受けてか、日産カナダが地元アーティスト、アレックス・マクロードとコラボして「GT-R ニスモ」をNFT化しオークションに出品した。
なんでもGT-Rニスモ・スペシャルエディションのカナダ市場導入にあわせてひとつだけの「GT-R NFT」を販売、という触れ込みだった。

<つづく>

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a6c25309f886e9e33a26d87a941764f6b0d13e9


続きを読む
Source: コインニュース
【朗報】日産「GT-R ニスモ」NFT化(実車付き)がオークション販売で2億6000万円にwwwwwwww