ソニー、仮想通貨を利用してeスポーツで賭けができるプラットフォームの特許を申請

CEBF7404-E353-4F4B-8C6B-902D3F7E4F44
1: コイン速報がお伝えします 2021/12/09(木) 19:56:39.10 ID:k2edXuPhp
家庭用ゲーム機「プレイステーション」の開発・販売などを行うソニー・インタラクティブエンタテインメントが、暗号資産(仮想通貨)などを利用してeスポーツでベッティング(賭け)をすることができるプラットフォームの特許を申請している。

今回の特許申請のタイトルは、「eスポーツのベッティングプラットフォーム」と記されている。ライブでeスポーツの視聴者が勝敗等にベッティングを行うことを想定。「賭けでは、法定通貨やビットコイン(BTC)などの金銭、またゲーム内資産やデジタル上の権利などが利用されうる」と説明している。

また自社のプレイステーションだけでなく、マイクロソフトや任天堂が提供するゲーム機、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)のヘッドセット等もサービスの対象になりうるとしていることも特徴だ。

https://www.google.com/amp/s/coinpost.jp/amp/%3fp=245634


続きを読む
Source: コインニュース
ソニー、仮想通貨を利用してeスポーツで賭けができるプラットフォームの特許を申請