バハマのペントハウスに同居、親密なルームメイトたちが運営していたFTX──多くの社員は蚊帳の外

「ショッキング」という言葉ほご、サム・バンクマン-フリード氏の暗号資産帝国の急速な崩壊に適した言葉はない。その思いは意外なことに、彼のもとで働いていた人たちや崩壊の兆候をつかんでいたと思われる人たちから溢れている。 なぜだろうか? もしかしたら、バハマの豪華なペントハウスが関係しているかもしれない。30歳のバンクマン-フリード氏はそこで、暗号資産取引所FTX、トレーディング企業アラメダ・リサーチ(Alameda Reaserch)を経営する側近たちと同居している。ダウンロード


Source: 仮想通貨ニュース
バハマのペントハウスに同居、親密なルームメイトたちが運営していたFTX──多くの社員は蚊帳の外