中国の“NFT”市場の実態

中国では昨年4月に、大きな暗号資産(仮想通貨)アート展覧会と呼ばれるイベントが開かれた。 開幕時、北京の流行りのアート地区にあるギャラリーには、興奮したゲストたちが集まっていた。会場を埋め尽くしていたのは、Beeplesやクリプトパンク(CryptoPunks)など、一流のNFTアートを表示する液晶ディスプレイ。あまりの盛況ぶりに、上海でも開催が決まったほどだ。 中国と暗号資産との関係は複雑だが、少なくともNFTアートの中心地にはなれるのではないかと、多くの人が感じていた。

461384_s
Source: 仮想通貨ニュース
中国の“NFT”市場の実態