懐疑派の私が、暗号資産業界の存続を確信する理由──デューク大「Digital Assets at Duke」に向けて

暗号資産(仮想通貨)懐疑派として知られる私が、1月20日、21日にデューク大学で開催されるデジタル資産カンファレンスに尽力していることは奇妙に見えるだろう。私はかつて、ウォール・ストリート・ジャーナルに暗号資産の禁止を求めるコラムを寄稿したこともある。 私は依然として、ビットコイン(BTC)などの裏付け資産を持たない暗号資産は経済的有用性を持たず、メリットよりも社会に対するコストの方がはるかに大きいと考えている。だが、より広範なデジタル資産業界が消滅することはないことも理解している。

4909707_s
Source: 仮想通貨ニュース
懐疑派の私が、暗号資産業界の存続を確信する理由──デューク大「Digital Assets at Duke」に向けて